つくばエリア

  • つくば研究エリア写真
  • 地図
  • 住所:茨城県つくば市大久保3
  • 主な活動:医薬品の研究
  • 敷地面積:89,237m2
  • 稼働:2009年9月

研究本部つくばエリアでは、新薬の開発に向けた選択と集中を加速させ、提携等も含め活発な研究活動を持続し続けています。また、働き方改革が推奨されている中、過重労働対策の一つとして、夜間の空調設備運転時間の見直しを行い、省エネを図りました。また、エネルギーを最も消費する空調熱源負荷削減のため、老朽化した機器を最新の機器に更新すると共に、設備の運用方式を変更させ、効率的に冷水・温水を製造することが出来ました。それら施策の甲斐も有り、約980トンものCO2排出量の削減を達成することが出来ました。

今後は、さらなる冷熱源の運用改善と新たに導入した蒸気ボイラーの効率化、エレベーターの老朽化更新などを実施し、年間約330トン(対前年比 約-3.0%)のCO2排出量削減を目指し、環境負荷低減の省エネ活動に取り組んで参ります。

また、水の使用量については、水バランスを把握することから実施し、削減出来る施策を模索していきます。
廃棄物については、既に最小限までの削減となっているため、現在の水準維持に努めます。

社会貢献活動

  • 工業団地内の清掃活動に多くの社員が参加している
  • 工業団地内の清掃活動に多くの社員が参加している
  • TABLE FOR TWOプログラムへの参加
  • TABLE FOR TWOプログラムへの参加