廃棄物処理への取り組み

ゼロエミッション達成に向けた取り組み

2009年度に埼玉サイトがゼロエミッションを達成したのをはじめ、2011年度の徳島サイト、岡山工場、2012年度のつくばエリア、2013年度の岡山大鵬、北島工場、2015年は犬山工場とゼロエミッション達成事業所を拡大させてきました。
2016年はゼロエミッション未達成の事業所があるものの、再資源化率の向上に取り組んだ結果、会社全体においても再資源化率が99%以上(99.7%)となり、2014年から引き続きゼロエミッションを維持しています。

用語解説

ゼロエミッション

国連大学が1994年に提唱した構想。廃棄物として捨てられているものを有効活用することによって、廃棄物の発生を減らし埋め立て廃棄物を限りなくゼロにすること。

ゼロエミッションの定義

廃棄物排出量および再資源化率の推移

各サイトの2016年再資源化率

  • 各サイトの2015年再資源化率グラフ