スコープ3への対応

バリューチェーン排出量について

低炭素社会実現のためには、自社だけではなくバリューチェーン全体でのCO2排出量削減が必要となります。そのため大鵬薬品では、2015年からGHGプロトコルのスコープ3基準に基づくバリューチェーン全体の排出量の算定を開始しました。容器包装の削減やWeb会議の導入による出張の削減など、取り組みやすい項目から順次、排出量削減の取り組みを行っていきます。

用語解説

GHGプロトコルのスコープ3基準

GHGプロトコルはWRI(世界資源研究所)とWBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)が共催している組織。スコープ3基準はそのGHGプロトコルが2011年11月に発行した組織のサプライチェーン全体のCO2排出量の算定基準。

バリューチェーン全体でのCO2排出量

  • バリューチェーン全体でのCO2排出量

スコープ3での算定方法

カテゴリカテゴリ名算定方法
活動量原単位
カテゴリ1 購入した
製品・サービス

原材料・資材の調達量

購入物量・金額あたり原単位※1

カテゴリ2 資本財 資本財の調達金額

購入金額あたり原単位※1

カテゴリ3 スコープ1,2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 燃料、電気、蒸気のエネルギー使用量 エネルギー量あたり原単位※1
燃料種別原単位※2
カテゴリ4 輸送、配送
(上流)
荷主分の輸送に係る燃料使用量
購入した製品サービスに関する輸送量
省エネ法の報告値
輸送シナリオのトンキロ※1
カテゴリ5 事業から出る
廃棄物
廃棄物種類別排出量 廃棄物種類別原単位※1
カテゴリ6 出張 交通手段別交通費支給額 交通費支給額あたり原単位※1
走行距離あたり原単位※1
カテゴリ7 雇用者の通勤 交通費支給額 交通費支給額あたり原単位※1
カテゴリ8 リース資産
(上流)
社用リース車の燃料使用量 エネルギー量あたり原単位
走行距離あたり原単位※1
カテゴリ9 輸送、配送
(下流)
下流配送における推定トンキロ 輸送シナリオのトンキロ※1
カテゴリ10 販売した製品の
加工
非該当
カテゴリ11 販売した製品の
使用
非該当
カテゴリ12 販売した製品の
廃棄
製品の容器包装 廃棄物種類別原単位※1
カテゴリ13 リース資産
(下流)
非該当
カテゴリ14 フランチャイズ 非該当
カテゴリ15 投資 利益を得るために投資を行っておらず、金融サービスを提供する事業者でもないと判断したため、算定対象から除外
その他 オプションのため算定範囲から除外

※2017年1月~12月

  1. サプライチェーンを通じた組織の温室効果ガス排出量等の算定のための排出原単位データベースver.2.5
  2. カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム 基本データベースver.1.01(国内データ)