温室効果ガス削減への取り組み

温室効果ガス削減への取り組み

大鵬薬品では、各サイトにおいてCO2排出量削減のための様々な取り組みを行っています。主な取り組みとして重油・灯油ボイラーからCO2排出量が少ないガスボイラーへの置き換えを完了しました。今後、2030年に温室効果ガスを2017年比で30%削減するという大塚グループの環境目標を達成するため、グループ協働で更なる温室効果ガス削減の施策を実行してまいります。

温室効果ガス削減目標が「Science Based Targets(SBT)イニシアチブ」認定を取得

大鵬薬品の掲げる温室効果ガス削減目標について、Science Based Targets(SBT)イニシアチブから認定を取得しました。

SBTイニシアチブとは、国際NGOのCDP、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)による国際的な共同イニシアチブで、パリ協定が目指す世界の平均気温上昇「2℃未満」の達成に向け、科学的根拠に基づく削減シナリオと整合した企業のCO2排出削減目標を認定しています。

◆当社の温室効果ガス削減目標

・ 2030年までに温室効果ガスの排出量(スコープ1+2)を2017年比で30%削減
・ 2030年までに温室効果ガスの排出量(スコープ3)を2017年比で20%削減
   スコープ1 自社での燃料の使用や工業プロセスによる直接排出
   スコープ2 自社が購入した電気・熱の使用に伴うエネルギー起源の間接排出
   スコープ3 そのほかの間接排出

CO2フリー電力の導入

大鵬薬品では、2019年7月より徳島サイト、北島サイトでCO2フリー電力を導入いたしました。この結果、約7,500t(大鵬薬品全体の15%)のCO2排出量削減につながります。