環境目標と成果

2017年(1~12月)の結果

2017年は、環境方針に基づき、以下に示す環境項目の目標達成に取り組みました。エネルギーについては、R- 22フロン冷媒を使用している空調機器および冷凍・冷蔵機器の更新、また、照明のLED化などの削減努力を実施いたしましたが、北島サイトの治験薬製造棟の通年稼働や厚生事務棟の竣工などの影響を受け、2016年同期間に比べCO2排出量が3.4%(2009年度調整後排出係数を使用)増加し、原油換算量においても3.7%の増加となりました。

廃棄物については、本社事務所の移転等により、前年同期間に比べ15.3%増加となりましたが、最終処分量は、前年同期間14.3%削減となりました。また、2014年より、会社全体でゼロエミッションを達成しており、99.8%と高い水準を継続しています。

ゼロエミッションの定義

中長期目標

中長期目標については、以下のように設定しています。

環境目標(中長期)
エネルギー 2020年度(4~3月)のCO2排出量を2005年度比23%削減する(日薬連低炭素実行計画に準じる)
廃棄物 2018年(1~12月)の廃棄物排出量を2010年度比13%削減する
2018年(1~12月)の最終処分量を2010年度比67%削減する